MINATOMIRAI.TOKYO

雑記中の雑記ブログ

ギターでアルペジオする人に役立つ女性用品。

スリーフィンガーでかかる爪への負担

僕は、アコギとドラムのデュオ(2ピースバンド)の活動の中で、アルペジオ奏法をかなりの頻度で行います。

※アルペジオ=指やピックでギターの弦を一本一本弾く奏法

※スリーフィンガー=3本の指でアルペジオ奏法をすること。 

 

僕は普通の指やピックでのアルペジオとは違い、人差し指と親指でピックを持ちながら、中指と薬指を使ってちょっと普通とは違う形でスリーフィンガー奏法をするんですけど、 

ピックで弾く部分と同じくらいのレベルで中指と薬指で弾かなくてはいけないので、指だけで行うアルペジオよりも爪に負担がかかり、割れてしまうことなんて日常茶飯事なんですよ。

 

爪が割れると、今まで出していた音の感じが変わってしまったり弾き具合が全く変わってしまうので、思うように弾けなくなり、テンションも下がるので、かなり致命的な状態になります。どうしたもんかと悩んだ末、付け爪を試してみることに。

 

 

楽器メーカーでは「Aria」が出してます。

 

ただ、Ariaの販売している付け爪の場合だと、1サイズのみセットでたくさん入っている感じなので、初めて使用する場合、どのサイズを選べばいいのかも分からない。

 

なので、ためしに複数のサイズが入っているタイプの女性が使う付け爪を買ってみました。 

 

実際に買ったもの

なんとなくこれかなー思ったものを買っただけなんだけど。

僕が用意したものは、プラモデルの部品みたいにつっくいている状態のもの。

1つ1つ切り離して使います。

 

封を開けてみると、海ぶどうみたいなのが出てきました。

でもこれ、実は、付け爪です!(わかってる)

f:id:onthevillage:20180115223253j:plain

 

付け爪を付ける接粘着テープは別売り。これも楽器用のものではなく、ひとまず汎用のものを調達。 

 

やすりも必須。

f:id:onthevillage:20180115223308j:image

 

 

本物の爪の上に粘着テープを貼り、その上から付け爪を付け、しっかり固定。

ギターの弦がはじきやすいように試しながら爪切りで切って、やすりで丸みを整えるとこんな感じになりました。

f:id:onthevillage:20180115223344j:image

 

写真では、薬指だけについています。

僕の場合は、指の先端の肉の部分から、3~4mm位のびている感じがちょうどいい。

そんでもって、ほんと若干、右側上がりになるように削っているのがポイント。

 

実際に弾いてみました。

楽器専用のものではなくても、普通にいける。

指先に付けるようなフィンガーピックなんかよりもはるかに良いと思います。

 

異物が付いているような感なくもあんまりないし、

粘着力も今のところ問題ないので、30分程度弾いたくらいでは取れることは有りませんでした。

 

Ariaのギター専用の付け爪をまだ使ったことが無いので、これから試してみたいと思うけど、普段爪伸ばせない人や、爪が弱い人には、普通に売られている付け爪を一度試してみる価値はあると思います。

 

それでは、これからスタジオへ行ってきます。