MINATOMIRAI.TOKYO

雑記中の雑記ブログ

結構簡単。LINEオリジナルスタンプの作成から販売までの方法。

村上ユウタです。


このブログや、その他SNS上でウサギやら、カエルやらの挿絵をさせていただいていますが、ありがたいことに「かわいい」や「可愛い」そして「カワイイ」などと好評をいただいてます。そしてLINEスタンプが欲しいというリクエストを頂いたので、見切り発信のままLINEへオリジナルスタンプの申請をしてみましたところ、わずか5日程で承認されました。とても可愛いうさぎ達のスタンプになってますので、紹介します。

 

[使い方がいまいちわからないうさぎ達。]

f:id:onthevillage:20180505130725j:image

https://line.me/S/sticker/3456218

↑↑↑LINEストアへアクセス!! 

実は、結構簡単。

最近は、スマホアプリ「LINE Creators Studio」でパソコンを使わずに、スマホだけで簡単に作成できるようになったので、LINEオリジナルスタンプ販売がかなり身近なものになっていると感じます。

これから音声付きスタンプや動くスタンプもスマホで作れるようになっていくと思うので、さらにこれからが楽しみ。

それでは、どのように作ったのかを少しブログで紹介してみたいと思います。

LINE CREATORS STUDIOでスタンプを作る方法。

f:id:onthevillage:20180505131009j:image

アプリをインストール。 

LINEスタンプ作製アプリ「LINE CREATORS STUDIO」を各OSのストアから、インストールします。

LINE Creators Studio

LINE Creators Studio

  • LINE Corporation
  • 写真/ビデオ
  • 無料
 

 

Android版は、こちら。

play.google.com

 

スタンプを作るグループを作る。

 LINE CREATORS STUDIOを開いたら、まずはスタンプを作るグループを作ります。
画面の上部にある「+スタンプを作ろう」をタップします。

f:id:onthevillage:20180505132733p:image

 

次に開かれた画面で名前を決めます。

これは、最終的に1つのスタンプとして販売するためのグループですが、タイトルは販売されるときの名前とは違うので、自分が分かるタイトルで大丈夫です。

f:id:onthevillage:20180505132737p:image

スタンプを登録する。

画面下部の「+」ボタンを押すと、下から緑色のアイコンが表示されたメニューが出てくるので、今回は2番目の写真からスタンプを作る方法で進めてみます。

f:id:onthevillage:20180505132753p:image

f:id:onthevillage:20180505132754p:image

スタンプとして使う範囲を決める。

写真を選択したら次の画面になります。
「なぞる」は、スタンプで使いたい範囲を囲って選択。
「かたち」は、決められた丸や四角の枠を選択してそこにスタンプにしたい部分をはめ込んで選択。
「消しゴム」は、必要無い部分を消して、スタンプにしたい範囲を残して選択する。
この3つの方法があります。

このまま使いたければ「スキップ」してもいいですが、今回は画面の下のメニューで「なぞる」を選択してみます。

f:id:onthevillage:20180505132807j:image

指でなぞって使いたい部分を囲います。

f:id:onthevillage:20180505132819j:image

指でなぞって囲った後は、緑の点が出てくるので、ここで最終的に加工部分を調節。
調節が終わったら画面右上の「確定」をタップ。

f:id:onthevillage:20180505132822j:image

サイズ・画像の調節。

2本の指でタップしながらグレーの枠に綺麗に収まるように画像を調節。

画面右下の「シュミレータ」ボタンを押すと実際にタイムラインでどのように表示されるのかを確認することができます。

f:id:onthevillage:20180505132834p:image

f:id:onthevillage:20180505132839p:image

保存をしたら、これで1つスタンプの出来あがり。

 

f:id:onthevillage:20180505132844p:image

作ったスタンプを販売。

実際に販売の手続きに入る

スタンプを最低8個作ると、LINE CREATORS STUDIO内で販売の手続きができるようになります。

 画面右上の「販売」ボタンをタップ。

f:id:onthevillage:20180505132925p:image

グループの中から販売したいスタンプ数とスタンプの種類を選択。

f:id:onthevillage:20180505132936j:image

f:id:onthevillage:20180505132944j:image

メインのスタンプ画像を選択。

販売されたときに、大きく表示されるスタンプを選択します。サムネイルのような役割です。

f:id:onthevillage:20180505132954j:image

販売情報を入力。

販売されたときに、表示されるタイトルや説明文、値段、販売エリアなどを決めます。
販売エリアが日本だけの場合でも、英語での説明文は必須になるみたいなので、僕は日本でしか販売エリアを選択していないので、適当にローマ字で入力しました。(性格が出る)

 

f:id:onthevillage:20180505152311j:image

プレビューでは、タイトルと説明文が英語で表示されますが、実際に販売されると日本語でちゃんと表示されますので、ご安心を。

f:id:onthevillage:20180505152305j:image

 

こんな感じの流れで、簡単にオリジナルスタンプの販売申請を出すことができます。

僕も結構、こういうのにうとい人間ですが、良く分からなそうだなぁと思っていても意外と簡単に手続きできるので、難しそうなイメージにとらわれず、皆さんも是非チャレンジしてみてください。

 

販売されている自分のスタンプを見ると、
結構感動します。 

 

 

まだアプリをインストールされていない方はこちらから。

iOS版

LINE Creators Studio

LINE Creators Studio

  • LINE Corporation
  • 写真/ビデオ
  • 無料
 

Andorid版

play.google.com

いつも書いている絵で使っているアプリ。

僕がいつもお絵かきをしているアプリの紹介記事もありますので、よかったら見てみてください。

www.minatomirai.tokyo

 

最後に。

最後まで、見てくれた皆さんどうもありがとうございました。
良かったら、村上ユウタ オリジナル「使い方がいまいち分からないうさぎ達。」も使ってみてください。

[使い方がいまいちわからないうさぎ達。 - LINE STORE] https://store.line.me/stickershop/product/3456218

f:id:onthevillage:20180505130725j:plain