MINATOMIRAI.TOKYO

雑記中の雑記ブログ

【シンガーソングライター必見】前田裕二さん「人生の勝算」を読んで、確信したこと。

前田裕二さんが書いた「人生の勝算」を読み終えました。

人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 

インターネット上で、ライブコンテンツなどの動画配信をする「SHOWROOM」を創った前田裕二さんが生きてきた経験の中で、これからの時代を生き抜いていくための手段として、大事なことが明確に書かれている本でした。

「第1章 人は絆にお金を払う」で思ったこと。

この章では、提供するものの価値がどこで生まれるかについて書かれていました。
価値が生まれるのは、その提供しているモノにあるのではないことを的確に説明してくれている。

僕が路上ライブで失敗をした理由。

僕も、1人のシンガーソングライターとして、アコースティックギターと街の騒音に負けないためのスピーカーアンプを用意して、横浜や新宿などで路上ライブを経験しました。

シンガーソングライターをやっている以上、自信作を自信満々で歌うわけじゃないですか。だから歌っていればたくさんの人だかりができてCDもたくさん売れるだろうと思っていたんだけど…

…でも、結果は全然ダメ。人の流れのタイミングの中で一瞬だけ人だかりになる時もあったけど、イメージしていたものとは全く違くて、1回の路上で、本当に頑張って売れたCDは2、3枚程度。

そんな中でも、路上でバンバンCDを売っている人がいる。正直そんなに上手くなくても結果を残している人がいる。

それは、一体なんでだろうって思っていて、なんとなく分かっていたけど、認めたくなかったり、はっきりとしなかった部分がこの本にはしっかりと書かれていました。

音楽は会話。

音楽を届けるってことは、人と人が会話をすることと同じで、歌い手がドヤ顔で聴き手に届けたとしても、一方通行のまま聴き手が理解していなかったら、全く意味の無いものになるって痛感したことを、改める事ができました。

最後に。

これからの時代に向けた、アーティストとファンでいてくれている人たちの関係のあり方など、もう一度見直す必要があること。いま思っている以上に、自分の音楽を好きでいてくれる人とどう楽しむかを、アーティスト側はもっと考えないといけないと思いました。

それ以外にもビジネスのこととかよくわからない僕でも分かりやすく簡単に書かれているので、結構すらすら読めてすごく楽しい本でした。色々と勉強になったので、お勧めです。是非読んでみてください。

人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)