ミナトミライ.

シンガーソングライター村上ユウタのブログ

【oasis】oasisは兄弟喧嘩もセッションしているも同然。再結成希望。【もう一度聴いとこう】

久しぶりに改めて聴いてみるとやっぱり良い。

良いものは少し時間がたっても味がでてくるもので、それが毎回毎回味が変わるアルバムを作れるミュージシャンはどれほどいるだろう。

 そんなoasisをもう一度聴いてみよう。

Definitely Maybe (Remastered)

Definitely Maybe (Remastered)

 

oasis

ビートルズ、ローリング・ストーンズなどから続く正統派ブリティッシュ・ロックを踏襲した、ブリットポップ・ムーブメントの代表格であり、近年のイギリスの国民的ロックバンド。バンドの核となるギタリストのノエルとボーカルのリアムからなるギャラガー兄弟は、同じくアイルランド系・労働者階級出身であるビートルズを大変敬愛している。スキャンダラスな言動は常に人々の注目を集めた。ファッションにおいても多くの若者の注目を集めた。それまでエルヴィス・プレスリーがリーゼントで固めた頭に革ジャンを、パンク・ロックが切り裂かれたTシャツとロックバンドは得てして「反社会的」「非日常的」とされる出で立ちで身を固めていたが、オアシスはウインドブレーカーやジャージといった労働者階級の普段着を着てライブやインタビューに臨んでいたことは新鮮であった。2009年8月にノエルが脱退を表明したことで事実上解散。

 

oasis内の兄弟喧嘩は、バンドマンでいうところのセッションと同じ。

僕が知っている限りでは、oasisと言うバンドは、兄弟喧嘩がバンド内のセッション。

 

兄弟喧嘩をすればセッションしているも同然なので、ステージで喧嘩しただけで、もしかしたら楽器なんて持たなくてもoasisだったのかもしれない(しれなくない)

 

ただ、兄弟喧嘩や突拍子もないような話題があったからこそ、oasisが世界中を巻き込むことができたといってもいいのではないか。

さらに、話題が絶えないだけでなく、抜群に良いメロディーセンスの音楽だから納得できる。やっぱりoasisの音楽は良いんですよ。

 

ノエルにしか書けないメロディーセンス。

その世界を適当のように見せてしっかり伝えるリアムの声。

 

あらためて、もう一度聴いてみる。 

(What's The Story) Morning Glory?

(What's The Story) Morning Glory?

 

 

このアルバムに説明はいらないかもしれない。

 

とにかく、兄弟同士、いないところであーだこーだ言ってないで

再結成してから存分に喧嘩してほしい。

 

 

YouTube貼っておきます。

Oasis - Live Forever