ミナトミライ.

シンガーソングライター村上ユウタのブログ

この度は、誠に申し訳ございませんでした。

一昨日の新横浜ベルズに遊びに来てくれていた皆さん、誠にありがとうございました。
そして、

今日は、遊びに来てくれた皆さんに1つ謝らなくてはいけないことがあり、ブログを書かせていただきます。

 
当日、会場でcamome.のステージを見ていた方は、ちらほら気づいていると思いますが、改めて、とんでもない失態があったことを謝罪させてください。

 ジーパンやチノパンなど、そういったパンツ類には、股下からおへそ下にかけてファスナーが付いています。

これは、ズボンを履くためにはどうしても必要な部分です。

そのことを日本では「社会の窓」と呼んでいたはずですが、これはまだ死語ではないでしょうか。
まだそういう呼び方をしても大丈夫な時代でしょうか。

 

驚いたことに一昨日はライブ中、終始



社会の窓が全開でした!



、、本っ当に申し訳ございませんでした!

 


 
見てください。この写真の通り、一生懸命ライブはしました。

f:id:onthevillage:20180707174144j:image


僕らの演奏で、感動しているお客様もいらっしゃいました。

 

楽しそうに肩を揺らしてくれている方もステージから見えました。



自分自身も信じられず、驚きを隠せずにいますが、
その一生懸命な姿さえもすべて台無しにする事実がここにあるのです。↓↓↓
f:id:onthevillage:20180707174201j:image
お分かりいただけるだろうか。



もう一度。 

f:id:onthevillage:20180707174201j:plain

f:id:onthevillage:20180707174201j:plain

f:id:onthevillage:20180707174201j:plain




完全に開いてるぅぅぅうううぉぉぉぉ。\(;ё;)/



ドヤ顔で演奏し、ステージを後にした男の全貌をご覧いただけましたでしょうか。
自分自身パニックです。


その事実を知ったのが、ライブ終演後のお客様からの一言ですが、
気付かずにライブしていた本人に打ち明けるのは、とても苦しかったと思います。

応援しているバンドのボーカルのズボンのチャックが全開なんですから。
それはそれはガッカリしたと思います。

ステージで演奏するミュージシャンとして、大変恥ずかしく、お客さんに対してとんでもなく失礼極まりなく、応援してくれている皆さんを裏切るような、あるまじき行為です。

誠に申し訳ございませんでした!



以後、気を付けます。